不動産クラウドファンディング

投資初心者は不動産クラウドファンディングの流動性に着目しよう

  • SNSでシェアする

資産の流動性とは、資産をどれだけ簡単に現金化できるかという意味です

現金化したい時にすぐ現金化できる資産は「流動性が高い資産」といい、現金化したいと思ってもすぐ現金化できない資産は「流動性が低い資産」といいます。

資産運用の世界において「流動性」という言葉は、よく耳にすると思います。

不動産クラウドファンディングの流動性について考えながら、この重要な要素を理解していきましょう。

資産の流動性は投資判断の重要な要素の一つ

流動性の高さは資産運用の選択肢の一つです

一般的に流動性が高い資産は魅力的な投資先と判断する要因の一つです。

その理由は、資産の流動性が高いことで投資の自由度が増すからです。

また、資産の流動性が高いことで、投資家の資金用途が急に発生した場合においても柔軟な対応が可能になります。

そういった点においても、資産の流動性は投資判断の重要な決め手の一つになります。

流動性が高い投資先は利回りが低いって本当?

流動性が高い投資先は一般的に利回りが低いと言われる

セオリー通りに考えると、流動性が高い投資先は高い利回りは期待できません。

なぜなら、資産運用の原則が「長期・積立・分散」である以上、長い期間運用しないと高いパフォーマンスを出すことが困難になるからです。

流動性が高い商品は高い利回りが期待できない、という原則を理解して投資商品を確認すると、判断の精度が一つ上がるのではないかと思います。

投資初心者は流動性の高い投資先から検討しよう

投資初心者は流動性の高い投資先を選ぶ

投資初心者の投資基準には「流動性の高さ」を考慮に入れるべきです。

その理由は、投資経験が浅い中で、投資商品正確な価値を理解できない状態で投資をする危険性があるからです。

資産運用に関する知識が少ない状態、投資商品の価値を正確に理解していない状態で、長期投資をすることは非常にリスクが高いです。

特に若い人を中心に、友人などに勧められるがまま、商品の特性も分からず勢いで契約をしてしまい、”身を滅ぼす”ような状態になる人が後を絶ちません。

さらに、緊急時にお金が必要になり、結果的に損切りをして資産を現金化した経験は誰にもあると思います。

投資初心者は可能な限り流動性の高い投資先にを選択するべきです。

不動産クラウドファンディングに流動性はあるの?

不動産クラウドファンディングには流動性はあるのか?

さて、投資初心者に注目されている投資先の一つが不動産クラウドファンディングです。

不動産クラウドファンディングは、一口1万円からオンラインで不動産投資ができます。

不動産クラウドファンディングの運用期間はどれくらい?

運用期間は、短期で3ヶ月、長期で5年以上と、多種多様なプロジェクトがあります。

そして、平均運用期間は10ヶ月前後だと言われています。

つまり、1年未満の短期で投資できるプロジェクトが多いのが特徴です。

そして、資産の流動性は高い投資先だと言えそうです。

既に売却先が決まっているブリッジファンド

中には、運用期間が3ヶ月の流動性が高いプロジェクトがあります。

このプロジェクトの多くは「ブリッジファンド」と呼ばれるもの。

募集開始時点で既に出口(売却先)が確定している不動産を組成するファンドです。

またリスク面に関しても、不動産の売却先が既に決まっているため非常に小さいです。

流動性が高く、リスクが少ない、安全な投資先を探している投資初心者にとっては、おすすめのプロジェクトです。

投資初心者に流動性の高い不動産クラウドファンディングはおすすめなのか?

流動性が高い不動産クラウドファンディングは投資初心者におすすめ

不動産クラウドファンディングは流動性が高く、利回りが高い、そして安全性が高い。

投資初心者にとって、そのような投資先があれば理想だと思います。

  • 運用期間が短いプロジェクトが多い
  • 利回りの高いプロジェクトが多い
  • リスクヘッジがしっかりしているプロジェクトが多い

このような特徴が不動産クラウドファンディングにはあります。

投資初心者にとっては、比較的投資がしやすいのではないでしょうか。

また、不動産クラウドファンディングは相場の変動もありません。

したがって、事実上なにもしない”ほったらかし投資”をすることになります。

投資初心者が”投資慣れ”するという意味でも、不動産クラウドファンディングは最適な投資先だといえます。

この記事を書いた人

クラウリング運営会社 サイバーブリッジ株式会社

この記事をシェアする

おすすめの記事