不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングの多様な投資先について紹介します

  • SNSでシェアする

不動産クラウドファンディングは、少額から投資を始められる新しい形の不動産投資です。

この記事では、プロジェクトで注目されている様々な投資先に焦点を当て、それぞれのプロジェクトを紹介します。

一棟収益ビル

一棟収益ビルは、賃貸料から得られる収益を目的としたビルです。

投資家は一棟まるごと購入して、テナントからの賃料収入を収益にして運用していきます。

一度入居したテナントは比較的長期間入り続ける傾向がありますので、安定した賃貸需要があり、リスクが比較的低い投資先とされています。

区分マンション

区分マンションは、一棟のマンションを複数の投資家で分割して購入する形態です。

収益マンションと比べて初期投資が少なくて済むため、初心者にもおすすめの投資先です。

ロードサイド店舗

ロードサイド店舗は、主要道路沿いに位置する商業施設です。

立地条件が良いため、賃貸料が高く設定できる場合が多く、上手く運用することで高い利回りを出すことができます。

リゾート開発

リゾート開発は、観光地に新しい宿泊施設やアトラクションを作るプロジェクトです。

リスクは高いものの、成功すれば大きなリターンが期待できます。

ホテル開発

ホテル開発は、新しいホテルを建設するプロジェクトです。観光業が盛んな地域であれば、高い収益が期待できます。

地方創生プロジェクト

地方創生プロジェクトは、地方自治体と連携して地域を活性化するためのプロジェクトです。

地域資源を活用した観光施設や商品開発などがあります。

このようなプロジェクトに投資をする投資家の中には、収益性を求めるだけでなく、その地域に愛着を持っている方や出身者も多く含まれています。

中には応援する意味も込めてプロジェクトに参加する投資家もいます。

古民家再生プロジェクト

古民家再生プロジェクトは、古い家屋をリノベーションして新しい価値を生むプロジェクトです。

観光施設やカフェ、ショップなどに活用されます。

様々な形態の不動産のプロジェクトに投資できる醍醐味がある

不動産クラウドファンディングは多様な投資先があり、それぞれに独自の魅力とリスクが存在します。

投資家や不動産事業者は、自分のニーズやリスク許容度に合わせて選ぶことが重要です。

この記事を書いた人

クラウリング運営会社 サイバーブリッジ株式会社

この記事をシェアする

おすすめの記事